英語勉強法・学習法内の人気コンテンツ





当サイトは昔私が思っていた事を書いていたブログです。現在は更新しておりません。
TOEIC・TOEFL・英語勉強法
英語学習ブログ
を現在は更新しているので、そちらをご覧下さい。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

絶対にするべき英語勉強法1

英語学習をする上で、絶対にはずしてほしくないことが2つあります
そのうちの1つめです


絶対にするべき英語の勉強法とはなんなのか?
これは勉強法というよりも、意識づけかもしれません


でも、これはとても重要です
これなしには今後の英語力アップは望めないのではないか?
と私は思っています


では、そんなに重要な意識づけとはなんなのでしょうか?
それは…


「返り読みをしない、英文は前から理解する」
ということです


学校教育などで、英文を訳すときは後ろから訳すと日本語にしやすいといことで、後ろから訳すように言われた方もいると思います。


たしかに、英文を日本語訳にするとき後ろから訳すときれいな訳になることが多いです。
しかし、これから英語力をアップしていこうという人にはそんなきれいな日本語訳はいりませんし、そのように後ろから理解して言っては英語力のアップは望めません。


この「英語学習法、英語勉強法」にきてくださっている方は、色々な目的
例えば、TOEIC、留学、仕事で使う、趣味など、様々だと思います。


しかし、共通しているのは
「英語力をアップしたい」
ということでしょう。


そこで絶対に守ってもらいたいのが、この
「英語は前から理解すること」なのです


例えば、会話やリスニングを考えてみてください。
英語はどんどん話されていきます。


後ろから理解しようとしていたら、その英語が言われ終わるまで理解し始めることができません。
さらに、いざ理解しようとしても、最初のほうに言っていたことはわすれてしまっているでしょう。
理解している間に、次の文が話されているということもおこるでしょう。


このやりかたで、英語を理解していこうというのは不可能に近いとおもいませんか?
前から理解していったほうが効率がよいと思いませんか?
では、具体的にはどのようにやればよいのでしょうか?
それは、英文を前から理解する方法を見てみてください

スポンサーサイト
学習方法1 | コメント(21) | トラックバック(0) | 2007/02/02 17:23

絶対にするべき英語の勉強法2

英語の勉強をする上で絶対にはずしてほしくないことが、2つあります。
その2つめです

1つめは
「英文を前から理解すること」でした。


では、2つめはなんなのでしょうか?
2つめは、
文法力と語彙力の強化」です


なぜ文法力と語彙力の強化なのでしょうか?


なぜなら、文法力と語彙力というのは、全ての英語力の基礎となるからです。リスニングにしてもリーディングにしても、全てはこの文法と語彙力から始まっています。


文の中に分からない単語があると、意味はとれません。
全部単語が分かっていても、文法がわからず、文の構造がわからなければ、意味はわかりません。


語彙と文法が分かって、はじめてリーディングできるようになるのです。そして、リーディングができるようになると、次にリスニングです。読める英文を聞けるようにする。このようにして、英語は上達します。


つまり、リーディングやリスニングのもととなるのが、語彙と文法なのです。

語彙と文法なんて、中学高校でやった!といって馬鹿にしないでください。多くの方が、ここをなめているから英語が上達しないんです。この2つをやることが、英語の上達には非常に重要なんです。


ここをきっちり抑えると、全ての英語力の基礎がつきます。リスニングやリーディングもそうですが、英会話もここが基礎です。TOEICテストもこの語彙と文法をきっちりやり、少しリスニングを練習すれば、600から700なんてすぐにいけます。


ですので、本当に語彙と文法を馬鹿にせず、きちんとやってください。


PS.
使う教材としておすすめは、

語彙⇒DUO3.0
文法⇒分かる!解ける!英文法!

です。どちらも私も使用し、とても効果を実感した教材です。ぜひ試してみてください。


さらにP.S
現在は、発音を短期集中で先にやるほうが良いと思っています。理由は、単語を覚える際に、変な発音でやるよりも、きれいな発音でやるほうが効果が高いからです。

学習方法1 | コメント(1) | トラックバック(0) | 2007/02/03 17:43

英文を前から理解する方法

英文をまえからりかいする具体的な方法を紹介
絶対にするべき勉強法1を見てから読むことをおすすめします。

さて、英文を前から理解することが重要なのは、絶対するべき英語勉強法1で述べましたね。
では、具体的なやり方について言いたいと思います。
ようするに、どんどん前から訳していってつなげればよいのです
例えば
He did not answer my questions.
という文があったとします
この場合、
彼は、答えなかった、私の質問に
といった感じで訳します。
この英文は短いので後ろから訳してもいける気がするかもしれませんが、こういう短い文でも前から理解するクセをつけておきましょう
だんだんなれてくると、意味をとることができる塊が増えてきます。
そして、最終的には日本語を介さず、英語は英語のまま理解できるのが理想です
しかし、それはなかなか難しいので、前から理解して徐々に英語力をあげていきましょう。

学習方法1 | コメント(12) | トラックバック(0) | 2007/02/04 17:35

リーディングで重要なこと

TOEFL、TOEICなど英語のリーディングで最も重要なことってなんなんでしょうか?

それは…

英文を前から順番に理解することではないでしょうか?

日本語の文でも英語の文でも、書いた人っていうのは前から順番に考えて、そのまま書いていると思います。

読む人もそのまま書いた人の気持ちで読むことで書いた人のきもちもわかるのではないかな?

また、前から順番に英語を理解していくことで、TOEIC、TOEFLなどでのリーディングのスピードもアップします。

わざわざ後ろから前に戻るよりは絶対にはやいですよね?

また、リーディングだけでなく、リスニングなど、英語は前からの理解が基本となってきます

これは絶対です。

まえから理解する。

このことを意識しながらリーディングすると、徐々にリーディング能力を含めた全体的な英語力があがってくると思います

リーディング | コメント(0) | トラックバック(0) | 2007/02/04 21:11

シャドーイングで英語学習

私が最もおすすめする英語勉強法です
この方法で英語力をアップしませんか?

シャドーイングを使った学習。
これが私の最もおすすめできる英語学習法です
では、いったいシャドーイングとはなんでしょうか?
リスニングの方でも述べましたが、
「聞き取った英文のあとを影のように声にだしてついていくことです」
この方法を行うと恐ろしいほど英語力が向上します
短文を暗記するときにも使えますし、とにかく音声さえあればできるので、手軽さもよいです
このシャドーイングの効果は他には具体的にはなにがあるでしょうか?
まず、聞き取れていない部分が分かるということがあげられます
聞き取れないと、発音してついていけませんよね?
他にも、英文を前から理解するクセがつけられます。
すぐに発音してついていかなければならないので、自然と前から理解するようになります。
この、
「英文を前から理解していくこと」
これが今後英語力を伸ばしていくためには必須となってきます
英語は前から理解していかないと絶対にだめです。
ここだけは譲れません
シャドーイングは本当におすすめです。
まだよく分からなかった人は、シャドーイングこのサイトをごらんになってみればよくわかると思います

学習方法1 | コメント(0) | トラックバック(1) | 2007/02/05 16:53

ポッドキャスティングで英語学習

無料で英語を勉強できるポッドキャスティング学習
これを利用しない手はないと思いませんか?

続きを読む
学習方法1 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2007/02/06 00:14

リーディング力アップと語彙力アップを同時に学習する方法

ある程度単語集をこなして、基礎的な英単語力がついた
そういう人はリーディング力もあげつつ語彙力アップにはげんでみませんか?

続きを読む
学習方法1 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2007/02/07 00:44

リスニングのポイント1

リスニングってみなさんどのように理解しようとしていますか?

リスニングをするときにもちゃんとポイントがあるんですよ…

続きを読む
リスニング | コメント(1) | トラックバック(0) | 2007/02/07 16:44

不規則動詞の変化を覚えよう

英語をまなびはじめたい…

でも英語初心者だし、何からやったらいいか全然わからない…

英語力も全然ないし…

そんな人は…

続きを読む
学びたての方の学習方法 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2007/02/08 10:25

不規則動詞の変化を覚えよう2

不規則動詞の変化の例を紹介します。

A-B-B型、A-B-A型、A-B-C型、A-A-A型などそれぞれの型にはどのような 動詞があるのでしょうか?

続きを読む
学びたての方の学習方法 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2007/02/08 10:38

リスニングと発音1

リスニングが伸び悩んでいる人必見!?

リスニングと発音には意外な関係がある?

続きを読む
リスニング | コメント(0) | トラックバック(0) | 2007/02/08 12:20

リスニングと発音2

リスニングと発音1でリスニングをアップするのに発音が大切なことはのべました。

では、具体的にはどうしたらよいのでしょうか?

続きを読む
リスニング | コメント(0) | トラックバック(0) | 2007/02/08 12:21

英語関係のサイト、ブログのリンク1

英語関係のサイト、ブログのリンク1です

続きを読む
リンク集 | コメント(1) | トラックバック(0) | 2007/02/08 13:04

多読をしよう

多読って知ってますか?

リーディングの勉強に多読はなかなか効果的ですよー

続きを読む
リーディング | コメント(2) | トラックバック(0) | 2007/02/08 13:54

トラックバックについて

トラックバックの使い方がわからなくて…
続きを読む
他いろいろ | コメント(1) | トラックバック(0) | 2007/02/08 14:14
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。