スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/-- --:--

音楽と集中力

音楽をつかって集中力をアップ。

そして英語の勉強効率をあげてみませんか?

では、今回は音楽をつかった集中力のアップ方法を考えてみたいと思います。

「それはよいけど、どんな音楽をつかったらよいの?」

これはだれもが思うことでしょう。

そうです。

音楽にはロック、ポップス、レゲエ、ラップ、クラシックなどなど様々なジャンルがあります。

さらにその中でも、アップテンポなものからバラードのようにしっとりとしたものなど本当にさまざまです。

では、英語の勉強、学習をするときにはどのような音楽をつかいましょう。

やっぱりガンガン元気にいこうぜ!!

ロックだー!

というそんなあなた。

それはちょっと…といった感じですね。

ではなにがいいのでしょうか?

答えをいいます。

クラシック音楽です。

クラシック音楽を聴くと、脳内に集中力と深い関係のあるアルファ波がでます。

この、アルファ波がでることによってあなたの英語の勉強効率 をすばらしくひきあげてくれることでしょう。

また、クラシック音楽には歌詞がありません。

これも英語を学習するうえで好都合です。

人間はどうしても理解できる言葉があると、そっちの方に気が向いてしまいます。

ですから、クラシック音楽はそういった面でも好都合なのです。

ま、

「私はどんなとこでもどんな環境でも集中して勉強できる。」

というような人にはここにのせたことは全く必要ないでしょうがね…


英語を学ぶ上でのお役立ち情報 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2007/02/23 14:47
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。