スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/-- --:--

忘却曲線

忘却曲線を意識した暗記をしてみませんか?

忘却曲線(ぼうきゃくきょくせん)とは心理学者のヘルマン・エビングハウスによって発見された、記憶をどれくらい覚えていて、どのくらい忘れているか、といったようにものをあらわす曲線のことです。

この人は、自ら、子音・母音・子音(発音を勉強してる人は子音とか母音とかわかるよね?)から成り立つ無意味な音節(例えばrit,pek,tasなど)を記憶して、自分自身がどれくらいおぼえているかを試したそうです。

その結果

20分たった後には42%を忘れていて、58%を覚えていました。

1時間たった後には56%を忘れていて、44%を覚えていました。

24時間たった後には74%を忘れていて、26%を覚えていました。

1週間後(7日間後)には77%を忘れていて、23%を覚えていました。

1ヶ月後(30日間後)には79%を忘れていて、21%を覚えていました。

これみてどう思いますか?

1日たったあとにはだいぶ忘れて、その後はゆっくりですね。

つまり、暗記を行ったあと24時間以内に復習が大切といいたいのです。

まあ、厳密に24時間以内というのはなかなか難しいですから、昨日やったことは今日復習して、そこから今日の新しい英語の勉強に進んでいくというのが大事ということです。

英語学習に限らず復習が大切だということが分かりますね

実際に毎日やるのは大変なんですけどね…


英単語暗記法 | コメント(1) | トラックバック(0) | 2007/02/08 17:20
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。