スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/-- --:--

末尾の破裂音は消える?

リスニングをする際に意識してみると、ちょっとリスニングがやりやすくなりますよ?

リスニングでみなさんどこに注意していますか?

リスニングをするときに注意するべきポイントはたくさんあると思います。

今回は、その中の1つの「末尾の破裂音は消える?」ということを検討してみたいと思います。

まず、破裂音とはなんでしょうか?

pやtやkなどの子音がこれにあたります。

母音や子音などが分からない人は

子音母音を見てください

これらの音は、末尾で消えたり、とても小さく発音されるという特徴があります。

例えば、「text」という単語があったとします。

この単語の末尾のtは「ト」ではなく、「トゥ」のように発音されるか、音が小さすぎて消えたようになります。

音が消えたりするなんてリスニングって難しいです…

そう思わないで下さい

この法則をあらかじめ知ってリスニングすると、そういうことが起こったときに聞き取りやすくなる

そうおもいませんか?

このように、変化の規則をたくさん知っていくことで、リスニング力はどんどん伸びるのではないでしょうか?


リスニング | コメント(0) | トラックバック(0) | 2007/02/17 13:46
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。